1: 風吹けば名無し 2020/01/30(木) 12:06:30.03 ID:FlEMFOjP0

    引用元: ・【悲報】前澤社長のアベマお見合い企画が中止。2万7000人の女たちフラれるw

    【【悲報】前澤社長のアベマお見合い企画が中止。2万7000人の女たちフラれるw】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2020/01/05(日) 21:29:31.68 ID:2f8yAPae9
    1/5(日) 17:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00010005-suitsw-life

    婚活中の女性は、男性の年収、学歴に加えて最近は家事・育児能力の高さも重要視する傾向が強くなっております。でも、そんなすべてを兼ね備えた独身男性なんていません。

    未だに昭和の結婚観で、「男なんだから年収500万円以上」「結婚するなら私以上」というスペック重視で大丈夫?

    共稼ぎなのに、家事・育児に協力しない夫はたびたび話題になるけれど

    こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

    SNSなどでたびたび話題になるのは、家事育児への協力が乏しいどこかの夫の話題。見たことがないでしょうか?

    共稼ぎでも収入差を切り札にして「オレの方が稼いでいるんだから」という男性は今もいるようです。

    そういう家事に協力的ではない男性の情報を聞くと、婚活中の女性は「じゃあ、家事や育児も協力する男性がいいな」と条件を一つ増やしてしまいがち。

    では、そういう条件で男性を探して幸せになるのでしょうか?ただ、相手の条件だけ増えると、婚活は長期化するでしょう。

    世間の家事育児に協力的な男性は、別に結婚する前からそういう男性だったのかといえばそういうわけでもありません。今年は結婚したいと思っている方、まずは結婚観を時代に合わせてアップデートしましょう。

    男なんだから年収〇〇万円以上という条件で結婚相手を探す女たち

    婚活中の女性のほとんどがフルタイムで働いております。結婚、出産を経てキャリアを継続する女性も増えました。

    以下ソース

    引用元: ・令和の婚活では「男で年収400万円は低い」「結婚するなら私と同じかそれ以上」という昭和の常識は捨てましょう

    【令和の婚活では「男で年収400万円は低い」「結婚するなら私と同じかそれ以上」という昭和の常識は捨てましょう】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/06(月) 03:02:00.65 ID:43RG64rG9
    婚活について調べていると、一度は「男性不足・女性余り」と見かけたことがないでしょうか?

    婚活ブームの真っ只中、男女比は「男:女=3:7」とまで、現在は言われています。

    実は男性が、婚活市場に少ないことには理由があるんです。

    そこで今回は、婚活市場の男女比の現状と、「男性不足・女性余り」と言われる本当の理由について徹底解説します!

    https://yume-con.net/wp-content/uploads/2017/07/670-1-387x333.png

    男性のおよそ4人に1人
    女性のおよそ7人に1人
    が未婚という状況は、日本は「結婚離れ」が進んでいると言えます。

    国勢調査によれば、男性の方が未婚者が多いということがわかりました。

    それでは、結婚相談所や婚活サイトにおける男女比を見ていきましょう。

    https://yume-con.net/wp-content/uploads/2017/07/670-2-383x333.png
    日本最大の結婚相談所ネットワークであるIBJ日本結婚相談所連盟のデータによると、会員登録者の男女比は女性の方が多く、男女比はおよそ「男:女=4:6」となるそうです。

    結婚相談所によって男女比に違いはあるものの、生涯未婚率の男女比と結婚相談所の男女比は一致しないようです。

    昔は男性過多、今は逆に女性過多

    結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、10年ほど前は男性会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。

    当時は婚活市場全体を見ても男性過多で、女性側は待っていればお見合いのお申し込みが集まる状況でした。

    しかし現在は、男女比が逆転して女性過多の状況です。

    比率で言うと、

    男:女=4:6
    男:女=3:7
    くらいまで差が広がっています。

    結婚相談所に限らず、婚活パーティーや街コンなどの婚活イベントでも、女性過多の現象が起きています。

    なぜこの10年ほどで結婚相談所や婚活パーティーの登録者の男女比が逆転したのでしょうか?

    次に、婚活市場で男性が少ない原因について解説していきます。

    婚活市場で男性が少ない原因

    ここ10年のうちに、婚活市場で男女比が逆転していることが分かりました。

    婚活市場で男性が少なくなった、原因はどこにあるのでしょうか?

    ここからは、婚活市場で男性が少ない原因について迫っていきます。

    仕事が忙しい

    多くの男性が結婚を意識し始める20代後半~30代は、

    職場の部下ができたり
    責任のある仕事を任されたり
    など、仕事が忙しくなる年代です。
    イトであれば活動できるからです。

    https://yume-con.net/archives/670/
    2019年12月27日

    前スレ                2020/01/05(日) 09:22
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578237022/

    引用元: ・【婚活】婚活市場の男女比の現状!結婚相談所・婚活パーティーで「男性不足・女性余り」と言われている本当の理由 女性過多 ★11

    【【婚活】婚活市場の男女比の現状!結婚相談所・婚活パーティーで「男性不足・女性余り」と言われている本当の理由 女性過多 ★11】の続きを読む

    1: 47の素敵な(武蔵國) (9級) 2020/01/26(日) 21:11:30.49
    あるんか?
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    引用元: ・結婚のデメリットを上回るメリットってなんなんだ?実はないんじゃ・・・

    【結婚のデメリットを上回るメリットってなんなんだ?実はないんじゃ・・・】の続きを読む

    1: ヤマネコ(秋田県) [ES] 2020/01/27(月) 20:11:37.32 ID:QS3FZtvc0 BE:194767121-PLT(12001)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    子どもを持たない理由を、世間に問う必要はない
    https://www.cyzowoman.com/2020/01/post_267667_1.html

    引用元: ・どうせ結婚したってすぐにセックスレスになるし子どもがいた方が夫婦の繋がり強くなるぞ

    【どうせ結婚したってすぐにセックスレスになるし子どもがいた方が夫婦の繋がり強くなるぞ】の続きを読む

    1: 妖怪障子破り ★ 2020/01/24(金) 10:55:19.85 ID:ytTOCuY49
    「もう何年も婚活をしているのに、結婚できる相手に巡り合えない」。そう思っている人たちは、本当に正しいやり方で婚活をしているのか?

    仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「脳内婚活は卒業。リアルに活動していくことが結婚への近道」について記す。

    ■ 7年間の婚活、いまだ独身

    林田智也(37歳、仮名)が、婚活相談にやってきた。身長は181センチあり、サラサラ髪の清潔感ある青年だった。

    「30歳を過ぎてから婚活を始めて7年になります。活動しているのに、まったく成果が出ません。どうしてなんでしょうか?」

    そこで、どんな婚活をしてきたのかを聞いてみた。

    「まず、都内の結婚相談所に入りました。あと、先輩が人を紹介したり、出会いをサポートしたりするNPO法人を立ち上げているので、2年くらい前に、そこにも入って活動をしています」

    2つの婚活ポータルサイトを利用しているというのに、どうして成果が上がらないのか。今まで、何人の女性たちに出会ってきたのか。

    「まあ、最初はあまり焦っていなかったので、年に、1人とか2人とかお会いしていました。でも、去年は、“まじめに婚活に取り組もう”と決めて、結婚相談所で5人、NPOのほうでは2人と会いました」

    その言葉を聞いて、「えっ、まじめに取り組んで、1年間に7人ですか? それが7年間のうちで、婚活を一番まじめにやった期間なの?」と、私は思わず聞き直してしまった。

    「そうです。婚活がなぜ苦戦しているか、その原因を知りたいんです」

    まずは1年間で7人と見合いし、それが“婚活を一番必死でやった記録”という意識を変えなくてはならない。他の婚活者に比べて、あまりにも数が少ないからだ。

    ただ、見合いを組めるか組めないかは、その人の持ち合わせている条件によっても違ってくる。本人が持ち合わせている条件に対して、理想の高すぎる相手にばかり申し込んでいれば、お見合いは当然受諾されない。

    見た目は悪くない。どちらかといえば、背も高いしスレンダーでモテる部類だろう。ほかに何か決定的な問題があるのか? 面談シートの学歴の欄に“大卒”と書かれていたので、どこの大学だったかを聞いてみた。すると、卒業大学は、誰もが知る一流大学だった。

    では、年収が驚くほど低いのか? 年収を聞くと、「790万です」と答えた。

    ここまでのヒアリングでは、お見合いが組めない要素が何一つとして、見当たらなかった。

    ならば、これまで恋愛らしい恋愛をしないままに年を重ねてしまったのか? 会ってもどう交際を進めていっていいのかわからないのではないか。

    そこで今度は、恋愛経験を聞いた。

    「大学3年から卒業前までの2年間、付き合っている彼女がいました。でも、卒業してお互い就職し、時間がすれ違うようになって別れてしまった。そこからしばらく彼女はいなかったんですけど、29歳のときに1年付き合った人がいました。その人と別れたので、相談所に入って婚活を始めたんです」

    しかし、入ってはいるものの、サイトは見たり見なかったり。35歳のときに、生活圏内で出会った女性と1年付き合ったが、その女性とも結婚まではたどり着けずに自然消滅的に関係が終わってしまったという。

    これまで、3人の女性とお付き合いしてきたのなら、決して恋愛経験は多くないが、ごく普通に恋愛をしてきた37歳だろう。

    「ただ生活をしていて自然に出会った女性とは付き合えるんですけど、婚活で出会った女性とは、2回とか3回会うと終わってしまうんですよね」

    智也の話を聞いているうちに、なぜ結婚できなかったのか、その理由がだんだんと見えてきた。

    ■ 生活圏内の出会いと「婚活」の違いとは?

    私は、智也に言った。

    「まずはね、生活圏内での出会いと婚活での出会いは、そもそも性質が違うし、関係の育み方も違うんですよ」

    何がどう違うかといえば、生活圏内での出会いというのは、出会った時点で、“この相手と恋愛しよう”とは思っていない。気持ちが構えていないのだ。

    続きは下記をご覧ください
    https://news.livedoor.com/article/detail/17704058/
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/9/89baf_1635_1c1e64eae0de1c7fe864917fd0be36f8.jpg

    ★1:2020/01/23(木) 19:41:43.90
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579787894/

    引用元: ・【話題】37歳高学歴男性が7年婚活しても結果が出ないワケ ★3

    【【話題】37歳高学歴男性が7年婚活しても結果が出ないワケ ★3】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/13(月) 09:06:17.54 ID:T6ArJWVk9
    1/12(日) 20:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00015366-toushin-life

    こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

    最近、入籍された30代前半のTさんに、婚活中に会った変わった男性の話を聞きました。婚活パーティーで知り合ったアラフォー男性Sさんで、外資系勤務だそうです。その婚活パーティーは参加のためにプロフィールを入力する必要があり、相手のプロフィールも分かるのです。

    相手の男性は年収1500万円以上でした。なぜSさんは、ハイスペックなのに結婚できないのでしょうか。

    「家は財産」で思考停止の男たち

    Tさんは初め、「なぜこんなハイスペックな男性が独身なんだろう…」と不思議だったそうです。パーティーでは周りに気を配り好印象だったので、連絡先を交換。高級店に食事に誘われたとき、Tさんは「ラッキー」と思ったそうです。

    Sさんはハイスペックなのに2年以上婚活をしていて、結婚相談所入会も検討していたそう。要するに気配りができているわけじゃなく、婚活パーティー慣れしているだけなのです。それをパーティーで会った女性に話すのもどうかと思うのですが。

    Sさんは高収入ではあるものの、ダイビングや車などお金がかかりそうな趣味がたくさんありました。何年か前に新築マンションを購入しており、そのローン返済もあるので共稼ぎ希望の年下女性が理想なのだそうです。

    Tさんはその後、何度誘われてもSさんに会うことはありませんでした。おそらく、Sさんは次の女性にアタックしているのではないでしょうか

    以下ソースで

    ★1 2020/01/12(日) 21:39:01.27
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578832741/

    引用元: ・【社会】なぜ「持ち家がある男」は婚活に不利なのか ★2

    【【社会】なぜ「持ち家がある男」は婚活に不利なのか ★2】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2020/01/12(日) 19:34:44.85 ID:Oib5tftZ9
    1/12(日) 17:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00010007-suitsw-life

    30歳目前で周りがどんどん結婚ラッシュで焦るという経験がある方もいれば、周りの友達も独身だらけだから焦らないという方もおります。一度も彼氏がいないまま30代になり、友達もみんな彼氏がいたことない同士という女性の話をお聞きしました

    30歳になるときに全く焦らず、気が付いたら33歳だった

    こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

    私事で恐縮ですが、28歳ぐらいの時に妹が先に結婚することが決まりました。同級生も結婚ラッシュで29歳にかけて焦りました。

    この話、独身アラサーならみんな共感するだろうと思っていたのです。しかし、この仕事を始めて未婚のまま30代半ば、40代になる方々の一定数が20代後半で全く焦っていなかったということを知りました。

    優子さん(33歳)は、一度も彼氏ができたことがないまま33歳になりました。一人っ子で子どもの時から「私なんか結婚は無理だろう」と思っていて、女性が一人でも生活していくためには公務員だと思って公務員になったそうです。

    大学は共学でしたが、コンパ等に行かない女性たちと結束し、合コンなどは行ったことがないそうです。今もそのころの友達とは親しいそうですが、全員がこれまでに一度も彼氏がいないのだとか。当然、恋バナなんてしたこともありません。

    はれて公務員試験に合格して、社会人になった優子さん。同級生も金融機関など保守的な業界に就職していったそうです。全員が実家暮らしでした。丸の内界隈の金融機関で働く同級生はおいしいお店に詳しくなり、優子さんは休みの日にそうしたおしゃれなお店に行って女子会することが楽しかったそうです。

    以下ソースで

    引用元: ・【社会】友達は独身だらけ!婚活がタブーの箱入りおばさんコミュニティーの実態

    【【社会】友達は独身だらけ!婚活がタブーの箱入りおばさんコミュニティーの実態】の続きを読む

    このページのトップヘ